新発田市の田上歯科医院は、地域に根差した歯医者を目指しております。

ttl-index-logo.png
ttl-index-contact.png
ttl-dental-banner.jpg
btn-index-001h.jpgbtn-index-002.jpgbtn-index-003.jpgbtn-index-004.jpgbtn-index-005.jpgbtn-index-006.jpg
ttl-index-side01.jpg ttl-index-sidemap.jpg ttl-index-sidemobile.jpg
ttl-dental-img01.jpg
ttl-dental-img03.jpg ttl-dental-img02.jpg

従来は治らないものと考えられていた歯周病。感染症であるということが発見されてから、まだ40年しか経っていませんが、その間に歯周病の治療は画期的な進化をとげました。 歯周病になってしまったら、あとは抜けるのを待つだけというのは昔の話。当院では、歯周病の原因、患者様の今の状態の説明、プラークコントロールのご指導など、カウンセリングを通して、一緒に歯周病の治療を行っていきます。

歯周病ってナニ?
歯周病は、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していきます。

歯を失う最大の原因です。
統計によると、35歳で80%以上の方が歯周病になっています。
しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代からすこしづつ進行していき、20年の歳月をかけて、歯肉をじわじわと侵し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。
虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・なんてこともありえる横綱級のこわい病気なのです。

悪化するとこんなにコワい!
歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯周炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。
ほとんどの人は、(歯肉から血がでる)といった自覚症状を感じてからはじめて歯科医の診察を受けに行きますが、このような症状があるときは、かなり悪化した状態なのです。
ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。
50歳代で“自分の歯がほとんどない”ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心掛けたいものです。

日頃のケアで撃退しましょう
◆毎日のブラッシング
毎日、きちんとブラッシングをして丁寧に歯垢を取り除くことがたいせつです。ただし、[磨いている] と [磨けている] は異なりますので、歯科医にしっかりとしたブラッシング方法を学びましょう。

◆定期健診
歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。こうなるともう日常のブラッシングでは取れません。少なくとも半年に一回は定期健診に行き、歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。

◆早めの診療
歯周病は、初期のうちなら完治することができますし、かなり悪化しても、現在は治療法の進歩で、適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくてもすむケースが多くなってきました。少しでも自覚症状があったら、痛みがなくても積極的に診察を受けましょう。 

ttl-dental-img04.jpg

インプラントとは
■ インプラントは、あごの骨に埋め込まれる純チタン製の小さなネジです。
■ インプラントは、50年以上にわたり、研究・開発されている技術です。

天然歯とインプラント

インプラント治療の流れ
歯科医師によるインプラント手術は、局部麻酔下で行われ、あごの骨にインプラント体(人工歯根)が埋め込まれます。手術後の治癒期間に、インプラント体と骨がしっかり結合し、その後にアバットメント(支台)、人工歯をインプラント体に取り付けます。
インプラントを長期的に維持させるには、インプラント治療した部分に限らず、口腔内全体を衛生的に保ち、定期検診を受けることが不可欠です。

1. 診査と治療計画
■患者さんの全身状態の問診と口腔内の状態の診査を行います。
■あごの骨の量と質を記録するため、口の中の型を取り、レントゲン ・ CT撮影を行います。
■これらのデータを用いて、一人ひとりの患者さんに適した治療計画を立案します。

2. インプラント体の埋入と治癒
■局部麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。
■インプラント体と骨が結合するまで、期間をおきます。
■治癒期間は、インプラント体の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。

3. アバットメント(支台)の装着
■インプラント部分の精密な型取りを行います。
■患者さんに適したアバットメントのデザインを選択し、装着します。

4. 人工歯の装着
■アバットメントに適合し、患者さんの歯の形と色に合わせた人工歯を作ります。
■口腔内にぴったりと合うことを確認し、インプラント体の上に取り付けます。。

5. 治療後の歯磨きと定期検診
■天然歯と同様に、よくお手入れしてください。
■毎食後、そして、就寝前に、丁寧に歯磨きをしてください。
■歯ブラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。
■歯科医師による定期的なメンテナンスを受けてください。

インプラントがあなたに適した治療方法であるかを判断する上で、歯科医師の経験が重要な役割を果たします。
インプラントにはさまざまなタイプがあり、インプラント治療があなたに最適な選択肢か、また、どのインプラントが最善の選択肢となるかについては、歯科医師にご相談ください。

ttl-dental-img05.jpg ttl-dental-img09.jpg

ホワイトニングとは
ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色、神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因はさまざまですが、それをより白くする方法です。その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。
またこれら2つを併用して行うデュアルホワイトニングがあり、もっとも効果的な方法です。

オフィスホワイトニングについて
オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングです。
ホワイトニング剤を塗り、特殊な光を当てて歯を白くしていきます。
手早く歯を白くしたい方にお勧めです。

ホームホワイトニングについて
ホームホワイトニングとは、基本的に在宅治療で、家で寝ている間に薬剤を塗布したマウストレイを装着するだけで、表面を削ることなく、やさしく持続的に歯を白くすることが出来ます。また、歯にとても優しい成分を使用していることで、処置中の知覚過敏を起こしにくいということが特筆される治療システムです。